またAmazon詐欺メールが来た

またAmazonを騙る詐欺メールが届きました。

190407-01

今度のメールはAmazonを騙る割に画面構成に力が入っていません。
この前に来たメールはAmazonらしい構成で騙されそうな雰囲気がありました。今度のはいかにもやっつけ仕事っぽい。

リンクが2箇所貼ってありますが、「今すぐ確認する:ログインアカウント」のリンク先は「325.hentaiwonderland.com」。「変態ワンダーランド」って!

しかし、前回と同じアドレス宛にメールが来たので、本気で対策しなければならないようです。

コメントをどうぞ

へろへろ・のぉとサーバーが高速化

このブログ「へろへろ・のぉと」は「ミニバード」というレンタルサーバーで運用しているのですが、「ミニバード」は2017年から新規受付を終了し、パワーアップした「スターサーバー」に衣替えしていました。

190404-01

既存の「ミニバード」ユーザーはパワーアップの恩恵を受けられず、従来からの環境で放置されていたのですが、本日の深夜にやっと「スターサーバー」環境に移行しました。

「スターサーバー」への移行で、高速CPUとHDDからSSDへの変更、メモリが16GBから192GBに増強されたようです。
ブログの表示も管理画面の表示も、パッと表示されて気持ち良くなりました。

「スターサーバー」のライトプランはMySQLが1個だけになってしまったので気がかりだったんだけど、既存ユーザーは5個のまま減らされなくて良かった。

というわけで、今日から「へろへろ・のぉと」のアクセスが高速化しました。

コメントをどうぞ

BESV JR1のバッテリー

一般的なe-bikeは大きな弁当箱のようなバッテリーがダウンチューブの上に載っかっていて、すぐに電動アシストサイクルだとわかります。

190401-10

BESV JR1のデザインの特徴は、バッテリーがダウンチューブの中に内蔵されていて、ぱっと見、言われないと電動アシストと気付かれないところです。

モーターが後輪ハブ軸にあるのも、気づかれない理由のひとつかも知れません。

190401-01

バッテリーケースカバーは、左サイドにある鍵穴にキーを差し込み、捻ってロックを解除。パカッと浮いたり開いたりしません。

右サイドがヒンジになっていて、左サイドを少しだけ浮かせスライドするように開けます。

190401-02

バッテリーはBB側が接点になっていて、端子に差し込まれています。ヘッドチューブ側を持ち上げるようにして抜きます。

190401-03

重量は実測1428gありました。

190401-04

接点端子と逆側は、折りたたみ式の取っ手になっています。

190401-05

接点端子側に充電端子があります。

190401-06

端子カバーをスライドさせると充電端子が現れます。

190401-07

充電器のプラグを端子形状に合わせて差し込みます。
プラグの先端には抜け止め付いており、クルクル回して固定できるようになっています。

190401-08

充電器の電源プラグをコンセントに差し込むと充電が始まります。
充電開始時点はランプが赤色で光り、充電が終わると緑色に変化します。

外したときと逆の手順でバッテリーをJR1に装填します。

190401-09

JR1の電源を入れると、バッテリーが満充電であれば、インジケーターが5つ表示されます。

しかし、初めて充電したときにRange(走行可能距離)を確認すると、エコモードで74km、スマートモード54km、パワーモード34kmと表示されていました。
製品のスペックではエコモード138km、パワーモード64kmのはずです。

バッテリーの不良かと疑問に思い、メーカーに問い合わせてしまいました。
回答は、BESVホームページFAQのQ12「RANGE計(残走行距離)が短く表示される場合」に記載されていました。

いただいた返事にはもう少し詳しいことが書かれていました。
カタログ表示はJIS規格(6速~7速の位置、時速約18km、登坂1:下り坂1:平地2の割合で走行)に基づいた測定値で算出しており、実際には走行ルートやギア選択など乗り手のクセによって短く表示する傾向があるようです。

また、通常のロードバイクと同じように、信号からのスタートや上り坂でギアを軽いものを選択すればRangeの表示は増えるそうです。

昨日のサイクリングでは、満充電にしてスタート時点でエコモード78km、途中90km台を表示したりしましたし、帰り着いた時点でバッテリーインジケーター4でエコモード80kmを表示し、スタート時点より増えていました。

コメントをどうぞ

HIPLOK Z LOK フルメタルデザインキー

自転車を短時間駐輪するときは「HIPLOK Z LOK」を使っています。2本持っていて、状況に応じて1本だったり2本だったり使い分け。

キー自体は単純な構造で穴に差し込むだけなのですが、1年くらい使ううちにだんだん抜き差しがやりにくくなってきました。
よく見ると先端が少し曲がってきて、ロックを解除する場所に差込めなくなっているようです。

手で無理やり曲げてことなきを得ていますが、そのうちポキッと折れてしまったら嫌だなぁ。

190331-01

最新式の「HIPLOK Z LOK」はダイヤルロックタイプのものが出ていますが、3桁合わせな上に値段が少し高いのであまり良くないな。

ワールドサイクルの「HIPLOK Z LOK」のラインナップを見ていたら、フルメタルデザインのキー単体だけで販売されていました。
どうやら現在販売されている「HIPLOK Z LOK」に付属するキーは、フルメタルデザインキーに変わっているようです。

190331-02

フルメタルデザインキーの方が丈夫そうに見えたので、他のアクセサリーを注文するついでに取り寄せてみました。

写真左が新しいフルメタルデザインキーで、右が旧タイプのキーです。

190331-03

比べると少しだけ根元が太くなって頑丈になっているように見えます。
キーが新品になったせいだけかも知れませんが、抜き差しがしやすくなって具合が良くなりました。

でも、キーだけ単体で売られちゃうと、ますます防犯効果が薄れてしまうなぁ。長く駐輪するときは他のロックも併用して用心しています。

コメントをどうぞ

桜めぐりサイクリング

3月30日(土)は、久しぶりに名古屋時代の友人たちと桜めぐりサイクリングをしてきました。

走ったルートは上の地図の通り。最初の予定では可睡斎の後に法多山へ行き、エコパを経由して帰ってくるはずでした。

しかし、朝から曇り空で天気は下り坂のあいにくの天候。可睡斎でジェラートを食べていたら、なにやら冷たい粒が肌に当たります。
それ以上の降りを警戒して勇気ある撤退。法多山には寄らず、ダイレクトに掛川に戻ってきたのでありました。

190330-01

今年のサクラは開花が遅く、桜めぐりのはずでしたがどこも気の早い花がチラホラ咲いているだけで花見にもなりません。

咲いていたのはヤマザクラとかしだれ桜くらいで、最初に寄った掛川城のサクラもソメイヨシノはまだまだでした。

190330-02

次の目的地、アクティ森では3人揃って十兵衛餅をいただきました。

森町の太田川左岸の桜まつりも提灯がぶら下がっているだけで、サクラは全然。

このあとの目的地、小國神社には正午過ぎに到着。参拝した後にことまち横丁で昼飯。ここもサクラが咲いていないので参拝客もまばらです。

190330-03

昼食のあとは可睡斎でジェラートをいただきました。今日のメニューは「カシス&ざくろソルベ」とオマケは「桜ナントカ(忘れた)」。

じぇらーとげんきの店舗外観が改装中で、シートに覆われていてお休みのように見えるせいかどうかわかりませんが、お客が入っていません。

サイクルラックや外のベンチも使えず、店内は客がいないので久しぶりに店内で食べていたら、お茶のサービスをしていただけました。
さらに店の奥から出てきた「げんきくん」と呼ばれているオーナーに「ももももサンド」を一口試食させていただきました。

最後の最後、掛川市内のコメダでコーヒーを飲んでいたら、雨が降り始め少し濡れちゃう余計なオマケまでいただいちゃいました。
名古屋の友人たちが楽しんでくれていたら良いのですが。

迷走距離:60.60km Av:18.10km/h

コメントをどうぞ

カテゴリー