遠州横須賀街道ちっちゃな文化展からそよかぜ広場のコスモス

10月22日(土)は、あまり良い天気ではなかったけれど、雨の心配はなさそうだったのでサイクリングに行ってきました。

この日のコースは、まず大池のGEOへ借りていたビデオの返却に寄って、次に天浜線の細谷駅へ。
原野谷川を愛野駅まで下って大淵から横須賀を抜け、大東のシオーネへ。そして下内田を通って帰ってきます。

161022-01

出発が10時半を回っていたので、細谷駅には着いたのは11時15分頃。

161022-02

わざわざ細谷駅へ寄り道するようなコースを計画したのは、実はこの日天浜線で「天浜路ヘルシーウォーク」というイベントが開催されていて、そのウォーキングマップを手に入れたかったから。

駅に着くと、机の上に地図だけが置かれていました。スタート時間は11時までなのですが、細谷駅は無人駅だから時間が過ぎても大丈夫じゃないかと予想していたのです。

161022-03

この日のヘルシーウォークは、付近の古墳群をめぐるというもの。

カミさんがこういうものが好きなのですが、あいにく他の予定で参加不可能でした。それで地図だけでも手に入れられれば、後日プライベートで行けると思ったのです。

161022-04

駅前にはコースの案内看板が立っていました。

細谷駅から愛野駅方面へは、原野谷川の堤防道路を走った方が信号待ちなどのロスタイムがない。
逆川を渡る橋の手前あたりは道路が未舗装なので、途中で逆川側に移動すると舗装路を走ることができます。

愛野公園を過ぎ、県道403号へ出るまではアップダウンのあるルート。それを過ぎると平坦でラクな道になります。

161022-05

横須賀の町の中は「遠州横須賀街道ちっちゃな文化展」が、10月21日から23日までの3日間開催されていました。

街道は横須賀城の辺りから交通規制が敷かれていて全面遊歩道。
自転車はガードマンに止められたりはしなかったけど、沿道は人があふれていたので自転車から降りて、押して歩きます。

161022-06

建物の中は観て回らなかったけど、通りに並ぶ地域の方が出店されているお店で、100円の五平餅と100円のお汁粉をいただきました。

161022-07

ハロウィーンのカボチャが展示されていたテント。

161022-08

大小、表情もさまざま。

街道の外れは人影もまばら。次の目的地に向かいます。

161022-09

大淵の六所神社を過ぎた辺りで、遙か頭上にまで群生する鮮やかな紫色の花が目にとまりました。

161022-10

帰ってきてから調べたら、サツマイモに似た丸みのあるハート型の葉が特徴の「宿根アサガオ」という花のようです。

161022-11

大浜公園を過ぎたところで左折。掛川市文化会館シオーネへ向かいます。

161022-12

掛川市文化会館シオーネ前の路上には何台ものクルマが駐まっていました。

161022-13

この場所は「そよかぜ広場」と呼ぶそうです。
2.3ヘクタールあり、春は菜の花、夏はヒマワリが楽しめます。しかも摘み取り自由とのこと。

161022-21

摘み取り自由ですが、花の中にはムシが住んでいるものも多くみられたので、持ち帰り注意。

161022-14

花畑の中は通路ができていて、花畑の中に入っていけます。

161022-15

向こうに見える建物がシオーネ。

161022-16

161022-17

161022-18

161022-19

161022-20

先日のように風が強くなかったので、今回は落ち着いて撮影することができました。

ここからの帰りは掛川へ引っ越した頃に初めてサイクリングしたコースを逆回り。ほぼ初めての印象なので、曲がるべき角を通り過ぎたりして、地図を表示しっぱなしで走ることになりました。

161022-22

ご褒美に「森永・栗入りあずきモナカ」を食べて無事帰還。

迷走距離:56.77km Av:16.35km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー