アクティ森と小国神社

ゴールデンウィーク中にもう1回サイクリングと、5月5日(土)にアクティ森と小国神社へ行ってきました。

行き慣れた場所なのでルートの計画を立てず出発。帰り道、宇刈から原谷へ抜ける道だけ初めて走るルートを通りました。

本当はもう少し距離を走りたかったのですが、6日の翌日の方が風速が弱い予報で、ひょっとして連チャンで走るかもと色気を出してしまってセーブしたのでした。
しかし、実際は思っていた以上に疲労が残っており、6日は走るのをやめてしまったのですが。

180505-01

アクティ森は今まで見たことがないほどの大勢の客で溢れていました。

十兵衛餅を食べるのを楽しみにしてきたのですが、八角庵の前では十兵衛餅を求める長い列ができていて、焼けるのに時間が掛かりそうだったので断念。
写真の左の方では松阪牛のコロッケを販売するテントが張られ、そこにも列が並んでいました。

180505-02

ここに到着した時点で駐車場に入る車が車道から渋滞が伸び、異様な雰囲気は感じていたのです。

駐車場所の確保のせいなのか、いつもあるはずのサイクルラックも撤去されていて、自転車も舗道のガードレールにしか置き場所がありませんでした。

結局ここでは何もありつけず、トイレをお借りしただけで退散することにしました。

180505-03

森の街中を通過し、次に訪れたのは小国神社。こちらも駐車場に入る車の列ができていましたが、それは日常風景。
紅葉シーズンではかなり離れた先の方から渋滞しているのを見慣れているので、駐車場の前が混んでいてもささやかなものです。

180505-04

駐車場の空では何匹もの鯉のぼりが元気に泳いでいました。

180505-05

こちらには定位置にサイクルラックが置いてありました。

自転車をサドルでぶら下げているのが珍しいのか、「あんな風に駐輪するんだ」という感じで眺めていく人が多い。

180505-06

お昼を過ぎていたので、お腹に何か入れようとことまち横丁へ行くと、以前からあった御茶屋の横に「ことまち夢小径」という場所が新しくお目見えしていました。

180505-07

上の写真は北門側で、この写真は南門から写したもの。看板の後ろの建物は休憩所で、屋根のある場所で飲食できるようになっていました。

ことまち夢小径にはカフェテリアやわらび餅、お茶屋さんが軒先を並べています。

180505-08

新しくこんな看板も登場していました。

180505-09

こちらでは「茶寮宮川」でおだんごをいただきました。
載っけるタレによって数種類のだんごがあり、食べたのは胡桃味噌。1本で160円、2本で300円と、一度に求める本数により割安になります。

この日は拝殿へのお詣りはパス。こちらも混んでいたので早々に帰路へ。
午後になるほど風が強くなり、東へ向かうと横風が厳しく、南側に傾斜しながら姿勢を低くしていないと難儀します。

途中、前傾姿勢をしていたら、背中を何か伝って路面にコロコロと音を立てて転がっていく。何が起きたかすぐに気がつきましたが、ヘルメットの後ろに付けているテールライトでした。
Te-Rich 1200ルーメン自転車ライト」のオマケにつきてきたテールライトですが、ネジで留めてあるだけなので緩んで締まったのです。

迷走距離:50.92km Av:18.44km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー