自転車道と竜洋海洋公園

先週の土曜日5月12日にもサイクリングに行ってきました。予定した走行ルートは昨年12月3日に走ったルートの逆回り。

でも、途中の竜洋海洋公園に長居をしてしまったので、国道1号まで行ったところで自転車道を離脱して帰ってきてしまいました。

180512-01

天気予報的には晴れのはずでしたが、実際は雲が空を覆い尽くしています。冬物のサイクルウェアを片付けて、すっかり夏仕様スタイルなので少し肌寒さを感じるほど。
走り始めてすぐはウインドブレーカーを着込みましたが、身体が温まってきたらすぐ脱いじゃうくらいでしたが。

180512-02

同笠海岸(どうりかいがん)の交差点まで来て、ここから海岸に出られそうだったので進路変更。行く手には階段がありましたが、自転車を担いで進みます。

180512-03

階段の先は防潮堤の盛土工事中。赤土を突っ切った先に浜松御前崎自転車道があります。

180512-04

この頃から段々日差しが届くようになってきました。

180512-05

福田漁港の津波避難タワーの手前辺りから自転車道から出ることができます。ただし、ここも自転車を担いで降ります。

渚の交流館に近づくと、なりやら大音響で騒がしい。下の駐車場のステージカーでロックバンドがライブをやっていました。

物販やら飲食のできるテントも張られて出店していてちょっと惹かれたのですが、昼飯には時間的にちょっと早い。知らないバンドですし、先へ進むことにしました。

180512-06

福田から掛塚までの浜松御前崎自転車道にはよくジョギングしている人や歩いている人に出会います。この日は珍しくサイクリングしている人にも2組ほど出会いました。

180512-07

竜洋海洋公園の手前辺りから自転車道は砂で埋もれていました。これだけ積もると自転車で走れません。公園の手前で自転車道から脱出します。

180512-08

竜洋海洋公園は、東側のオートキャンプ場の方から行ってみました。

写真は「レストハウスしおさい竜洋」。「しおさいの湯」という入浴施設もあるみたいです。

180512-09

向こうに見える三角屋根は「竜洋海洋センター体育館」。

180512-10

ボート乗り場付近の地面にはサメがウヨウヨ。

180512-11

公園西側と連絡している「ふれあい橋」。左手はプールと屋内プール。

180512-12

オートキャンプ場の管理棟へ行って少し話をして、案内パンフレットを貰ってきました。

子供が小さい頃はよくオートキャンプに出掛けましたが、最近はすっかりご無沙汰です。一時のブームは過ぎたと思っていたのでしたが、こちらはシーズンの土・日は予約で詰まっているようです。

180512-13

我が家が行っていた頃とは設備もゴージャスになって、写真の区画サイトはAC電源、炊事設備付き。
42区画あり、料金は5,140円。なんかン十年前とあまり変わっていないような。

180512-14

こっちは27区画あるフリーサイト。料金は3,080円。どこもテントスペースは芝生で寝心地良さそうです。昔は石ゴロゴロだったりしたから恵まれてますね。

180512-15

オートキャンプ場をあとにして公園西側へやって来ました。こっちが正門になるみたいです。

180512-16

竜洋海洋公園でかなり時間を使ってしまいました。掛塚橋の近くで食料を確保し、天竜川歩行者・自転車道の運動公園で昼飯休憩。

その後自転車道を国道1号まで遡上し、磐田市街方面へ進路変更。

180512-17

帰り道の途中、イオンタウン磐田にあるスポーツデポに寄り道。現在気になるヘルメットがあって試着してみたかったのだが、置いてありませんでした。残念。

迷走距離:77.56km Av:17.01km/h

2件コメントがあります

コメント

  • 掛塚橋付近にはコンビニもないので、食糧確保にはちょっと東へ行った150号線沿いのウェルシアですかね?
    遠鉄竜洋バス営業所東に「和菓子屋」もありますが。
    あ、まだ営業してたかな?

    2018/05/24 11:34 PM:GRS180

  • > GRS180さん

    そうです。掛塚橋を少し東に行ったところにあるウエルシアです。
    あの辺り道幅が狭いわりに交通量が多いので、あんまり走りたくないのですが背に腹は代えられません。

    2018/05/25 07:33 PM:なで王

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー