久々雨に降られたサイクリング

6月30日(土)、晴れていたと思ったら雨が降るような天候が続き、天気予報的には「くもり」らしいのでサイクリングに出掛けました。

特に行きたい場所もなかったので、ルートを設定せずアクティ森まで。その先は気が向いた先へ行くか帰ってくるか足の向くまま。

180630-01

原野谷川の堤防へ出るまでの農道を走っていたら、道の傍らに何やら塊がある。

180630-02

亀でした。ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)のようです。

このまま進むと軽トラックにひかれそうだったので、道路脇の草むらまで移動して差し上げました。ひょっとしたら反対側に渡りたかったのなら大きなお世話だったかも。

180630-03

新東名高速道路の森掛川インター近くの天浜線の踏切につかまりました。

180630-04

くもりのはずが青空が出て、日差しが暑いくらい。とてもこの後、雨に降られるなんて思いもしませんでした。

180630-05

この日のアクティ森は先日とは打って変わってお客は少なめ。すぐに十兵衛餅にありつくことができました。

十兵衛餅を食べていたら、同じように昼飯に立ち寄った自転車乗りの方がやって来ました。
最初は車載カメラの話しでしたが、1年半前にクルマに追突されて背骨を折ったという話しに変わっていました。後遺症もトラウマにもならず復帰できたのは奇跡と話されていました。

180630-06

アクティ森を後にして、太田川を下って海まで行くことにしました。

今年1月に太田川沿いに走ったときは右岸を走り、板築橋で左岸に渡りましたが、この日は飯田橋で左岸に渡り、東名高速を越えた所で太田川と敷地川を越えて桶ヶ谷沼へ。

しかし、桶ヶ谷沼あたりまで来たら肌にポツリポツリと雨の感触が分かるようになってきました。
海へ行くのは断念し、県道413号を袋井方面へ方向転換。

180630-07

降りが強くなってきて、本陣跡まで来たところで屋根のある東屋に待避。雨雲レーダーによるとさらに本格的な雨雲が西から来るような予想。

HDR-AS100Vの外部電源ケーブルを抜いたり、iPhoneをコンビニ袋でカバーしたり、水濡れに弱い機器類の防水処置を施し、東へ急ぐことにしました。

180630-08

ミストのような雨も降り続いて路面もすっかりびっしょり。

掛川市街に入ると雨足も弱まり、路面も乾いてきました。家に着く頃には空は晴れ渡り、帰宅した家の者に聞いたらこちらでは雨は降っていない様子。袋井市内だけで雨に降られたような感じでした。

この日もV650は異常なし。

迷走距離:55.82km Av:19.05km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー