ギザ・ボトルケージ・アジャスター

BESV JR1のXSサイズにボトルケージ「TOPEAK モジュラーケージ EX」を取り付けると「キャメルバック・ポディウム・チルボトル」の頭がつかえてしまいます。
この問題は「Zefal Wiiz ボトルケージ」で解決でき、こちらにその記事をエントリーしています。

「Zefal Wiiz ボトルケージ」というケージを知る前に「ギザ・ボトルケージ・アジャスター」を先に注文していました。

届くのが遅くなって結局使わずじまいになったのですが、「Zefal Wiiz ボトルケージ」が気に入らない方や今あるボトルケージが気に入っている人のために、とりあえず紹介しておきます。

190307-12

「ギザ・ボトルケージ・アジャスター」は写真のような状態で販売されています。

本体はアルミ合金製で、カラーがブラックとシルバーの2種類。パッケージの中には取り付け用ネジとスペーサーが同梱されています。

同じような製品が複数存在していますが、形状を見るからに多分同じものだと思われます。

190307-13

「ギザ・ボトルケージ・アジャスター」はボトルケージに下駄を履かせるような状態で取り付け、ボトルケージを取り付けたスライダーが上下45mmずつ可動します。

下駄なので当然フレームからボトルケージ・アジャスターの分だけ飛び出すことになります。その点でも「Zefal Wiiz ボトルケージ」で良かったと思っています。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー