HIPLOK Z LOK フルメタルデザインキー

自転車を短時間駐輪するときは「HIPLOK Z LOK」を使っています。2本持っていて、状況に応じて1本だったり2本だったり使い分け。

キー自体は単純な構造で穴に差し込むだけなのですが、1年くらい使ううちにだんだん抜き差しがやりにくくなってきました。
よく見ると先端が少し曲がってきて、ロックを解除する場所に差込めなくなっているようです。

手で無理やり曲げてことなきを得ていますが、そのうちポキッと折れてしまったら嫌だなぁ。

190331-01

最新式の「HIPLOK Z LOK」はダイヤルロックタイプのものが出ていますが、3桁合わせな上に値段が少し高いのであまり良くないな。

ワールドサイクルの「HIPLOK Z LOK」のラインナップを見ていたら、フルメタルデザインのキー単体だけで販売されていました。
どうやら現在販売されている「HIPLOK Z LOK」に付属するキーは、フルメタルデザインキーに変わっているようです。

190331-02

フルメタルデザインキーの方が丈夫そうに見えたので、他のアクセサリーを注文するついでに取り寄せてみました。

写真左が新しいフルメタルデザインキーで、右が旧タイプのキーです。

190331-03

比べると少しだけ根元が太くなって頑丈になっているように見えます。
キーが新品になったせいだけかも知れませんが、抜き差しがしやすくなって具合が良くなりました。

でも、キーだけ単体で売られちゃうと、ますます防犯効果が薄れてしまうなぁ。長く駐輪するときは他のロックも併用して用心しています。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー