PHILIPS ウルトラ・ファスト・カーチャージャー

バモスに速度と時刻を表示するヘッドアップディスプレイを取り付けている。
シガーソケットにUSBカーチャージャーを取り付け、そこから電源を取っている。

そのUSBカーチャージャーはダイソーで買ってきた100円のもので、写真のようにかなり前方に飛び出している。
ヘッドアップディスプレイが表示しないことがあって、たいてい何かの弾みでカーチャージャーに触れていて、それで抜け掛けていることが多い。

なので、前方にあまり飛び出さない、サイズの短いカーチャージャーに付け直した。

新しく導入したカーチャージャーは「PHILIPS ウルトラ・ファスト・カーチャージャー」。

出力36Wと12Wの2個セットの商品だ。12Wの方はオマケみたいなものなので、単品で安くしてくれた方がうれしいのだが。
パッケージの中にはカーチャージャーの他に保証書だけ入っていた。

36Wのカーチャージャーのスペックは入力12/24Vに対応し、出力は5V時3A。

12Wの方は入力12/24Vに対応し、出力は5V時1.2A。

どちらも2ポートで、36Wの方は端子が赤い。12Wの方は表面がカーボン調の模様が入っている。

全長はどちらも45mm。重量はカタログスペックでは、36Wが13.7gで、12Wは12.3g。

ダイソーのカーチャージャーと並べるとこんなに長さが違う。

挿入時はちょっと堅いが、横の接触端子を片側ずつ押し込むような感じで挿入し、最後は思い切って突っ込むと入れやすい。USB端子自体は堅くもなく普通に抜き差しできる。

ものによってはシガーソケットに入れるにも、USB端子に入れるにも大変堅くて壊れそうなものが存在するようだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー