大井川と太平洋岸自転車道サイクリング

8月13日(日)は、久し振りに90kmオーバーの距離を走ってきた。
ひょっとして100kmオーバーもあるかもと期待して出発したけど、やっぱり久し振りすぎて、後半そこまで頑張る気力が残っていなかった。

行き先は8年振りの大井川「リバティ」と吉田町から御前崎へ向かう太平洋岸自転車道。

金谷までは菊川〜富士山静岡空港経由。
国道1号線の下道を行くルートもあるが、坂とか交通量とかあまり気が進まない。このルートは多少遠回りにはなるし、地味な上り坂が続くけどクルマの通りが少ないから気楽に走れる。

新金谷駅や蓬莱橋にも寄って、大井川マラソンコース「リバティ」を下り、吉田町から太平洋岸自転車道に入る。須々木IC東まで行って自転車道から離脱し、県道239号、県道37号を通って帰ってくるルートを設定した。

例によって全行程録画に挑戦。動画は6時間13分くらい撮れ、前後編24分程度にまとめた。

前編:掛川〜大井川「リバティ」

後編:太平洋岸自転車道〜掛川

HDR-AS100Vはモバイルバッテリー「RAVPOWER RP-PB17」から給電。
今回6時間以上撮影したのだけど、満充電したのは前回の粟ヶ岳に行く前なので、8時間は余裕でバッテリーが保つ実績ができた。

走行しながらの撮影だし、曇り基調の晴れ間が時々のぞく天候なので、カメラには比較的優しい環境かも知れないが、熱暴走とか止まっちゃうようなトラブルなし。

170813-01

踏切の方からジェームス号のお顔を拝むことができた。トーマスはかなり奥の方だったし、人多過ぎでベストポジションが得られず断念。

170813-02

蓬莱橋。HDR-AS100V撮りっぱなし。バッテリーは後ろのトップチューブバッグの中。

170813-03

8年前もここで写真を撮った。

金谷や大井川は、さすがに自転車乗りの多いこと。だけど、こちらから挨拶しても誰も返してくれなかったし、向こうから挨拶してくることもなし。粟ヶ岳ではみんな返してくれたのに、大井川の人は冷たい。

県道37号はあまり走らないのだけど、道の雰囲気が知多半島に似ていてノスタルジー。とくにジョイフルを見つけて、友人たちと三河湾一周をしたときのことを思い出した。

迷走距離:95.84km Av:17.60km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー