GORIX GX-C19 サドル

カミさんが乗っているKoga-Miyata Lakesideのサドルが痛んできたのでサドルを新しいものに取り替えました。

今までのサドルは「ベロ・レーサーサドル」のレッド/ブラック。穴が明いてそこから雨水が染み込むようになってしまいました。
同時に装着した僕が使っているブラックは全然痛んでいないのですが、カミさんはほぼ毎日使用しているので早く劣化するのですね。

とりあえず手元で余っていたBESV JR1に新車で装着されていた「SELLE ITALIA X3」を代わりに取り付けました。
カミさんはこれで不満がないようでしたが、僕的にはあまり気に入っていなかったので、他のものを新たに購入することにしました。

200104-01

手に入れたサドルは「GORIX GX-C19」。昨年「CBN Blog」で紹介されていて、いいかもと思っていたものです。

「GORIX」は自転車通販サイト「ごっつプライス」を運営する「ごっつ株式会社」のオリジナルブランド。ユニークな商品や低価格商品をプロデュースしています。
このGX-C19も自社サイトでは税込み・送料込みで1,999円で販売されています。Amazonでも「ごっつプライス」から販売されていますが、少し値段がアップします。

200104-02

GX-C19はカラーバリエーションが豊富で、その数なんと24種類。これだけあると車体カラーに合うものがきっと見つかる気がします。
僕が購入したものは白ベースのブラックです。Lakesideのオリジナルサドルはセラロイヤルのホワイトでしたから、コーディネート的には間違いありません。

座面は指で押すとへこむくらいふかふかで、座り心地も柔らか。
うちのカミさんのようにドカッとサドルに座って、あまり腰を上げ下げしないタイプの人のお尻に優しいかも知れません。

200104-03

中央は尿道への圧迫を和らげる穴あきです。

200104-06

お尻が乗っかる部分は梨地で、滑る止めのディンプルが付いています。

200104-05

中央の黒い部分は光沢のあるビニールっぽい質感です。

200104-08

サイズは長さ275mm×幅150mm×高さ75mm。レールはスチール。

200104-09

座面の革を止めるステップルがてんこ盛り。低価格商品にありがちで、末端処理はちからいっぱい手を抜いてあります。

200104-10

チェーンリング側のレールには位置合わせ用のスケールがプリントされています。

200104-11

重量は実測333g。カタログ重量は330g。

200104-12

昨年末に入手していたのですが、今日やっと換装できました。
白いサドルは自転車が上品になったような気がします。

200104-14

キャットアイのライトブラケットとトピークのWedge Pack IIの同時装着は干渉するため取り付けが面倒です。

200104-13

写真を撮って気がつきましたが、タイヤもそろそろ替え時ですね。普段自分が乗らないので気がつきませんでした。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー