2020年東京オリンピック・パラリンピック記念貨幣収納ケース

2020年東京オリンピック・パラリンピックの記念百円硬貨を手に入れ始め、いつの間にかかなりの数になってきた。
このまま持っていてもビニール袋に入れっぱなしでは傷が付いたり、最悪どっかへ紛れて紛失してしまうかも知れない。

そんなことを思って収納ケースを物色していたら、造幣局から専用のケースを販売されていることを知った。
このケースは昨年の早い時期から販売されていて、注文殺到で一時受付を終了していたようだ。それが12月19日から受付を再開していた。

思い立ったのは2月初め頃で、メルカリなどでは高額で販売されていたが、造幣局のオンラインショップでは定価で販売されていたので早速注文してみた。

ケースはオリンピックとパラリンピック、それぞれ別のケースで、消費税・送料込み1個1.324円。複数注文しても送料が安くなることはなく、1.324円×個数。

それぞれ2個ずつ注文。発送までに時間が掛かり、手元には2週間ちょいで届いた。

青い箱にはオリンピック、ピンクの箱にはパラリンピックのケースが入っており、これが段ボール箱にひとまとめで入っていた。

青い箱を開けると中には、写真のスリーブに入ったオリンピック用ケースとコインの入れ方を説明したシート。

ケース本体の表紙も外装スリーブと同じデザイン。

ケースの内側は競技ごとに入れ場所が決まっている。右上には7月に発行予定のバイカラー仕様の500円硬貨を入れる場所が用意されている。

ピンクの箱の中はパラリンピック用のケース。仕様はオリンピックのものと同じ。

ケースの表紙。

内側もオリンピックのものと同じ仕様。

コインは上方から斜めに挿入し、コインの上側を押さえてパチンとはめ込む。

コインを入れる場所は土手の部分が空洞になっていて、無理矢理上から押さえるとつぶれてしまう。力任せに押さえ込まないようにしよう。

第3次発行分まで入れてみた。後は最後の第4次発行分で埋まる。

記念硬貨の発行はなくならないと思うが、実際のオリンピック・パラリンピックはどうなってしまうんでしょう?中止とか延期とかいろいろ話題には上がっていますが。早く新型コロナが収まってくれるのを願っています。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー