東京オリンピック・パラリンピック記念百円硬貨

うちの年寄りが銀行へ行った時に行員に勧められて、東京オリンピックと東京パラリンピックの記念百円硬貨を手に入れてきました。
正式名称は百円硬貨じゃなくて百円クラッド貨幣と呼ぶようです。

181130-03

左がパラリンピック、右がオリンピックの記念硬貨の表面で、周囲のギザに違いがあります。
パラリンピックはボッチャ、オリンピックはフェンシングの図柄です。

181130-04

こちらは裏面です。左がパラリンピック、右がオリンピックで、それぞれ大会エンブレムの図柄です。

銀行で10枚の記念硬貨を1000円と交換してきたそうです。
こういう類のものは万博のものだったりいろいろ持っていますが、特に価値が上がるとかご利益は何もないです。まぁ記念ということで。

これらの硬貨をコンビニで使うと何かのメダルだと思われてしまうかも知れません。自販機で使えるのかどうかっていうのは興味があります。実験はしませんが。

ちなみに百円硬貨の他にオリンピック記念硬貨は一万円金貨と千円銀貨が、パラリンピック記念硬貨は千円銀貨のものも発行されています。

ただし、これらは造幣局からの通信販売のみで、一万円金貨は120,000円、千円銀貨は9,500円という目ん玉が飛び出るような販売価格です。何でも製造コストが額面価格を上回るプレミアム型の記念貨幣だそうです。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー