Iseebiz 人感センサーライト

ダイソーの330円のセンサーライトは何故か点きっぱなしになることが多々あり、電池の消耗がめっちゃ早い。早々に退役してもらって代わりのものに登板して貰うことにした。

今度は以前買った「NeoClear 小型LED人感センサーライト RSL01203S」と同じようなタイプのセンサーライト。

ブランド名もあってなきが如し、無地の茶箱でやって来た。

中身はライト本体2個、取り付け用のマグネットと鉄板2組、マイクロUSB充電ケーブル2本、そして取扱説明書。

表面。今度のはスイッチが付いている点が前のとは違う。

裏面はマグネットを貼り付ける窪みがあるだけで、マグネットは自分で貼らなければならない。

両面テープ付きのマグネットと鉄板。鉄板は青く薄いフィルムが貼られているので剥がして使う。

この手の両面テープは粗悪品であまり粘着力が強くない。すぐに剥がれる。実際マグネットの磁力に負けて本体から剥がれた。

スイッチは短押し1回目でライトが2回点滅し、センサー感知モードになる。再度スイッチ短押しで常時点灯モード。点灯状態でスイッチ長押しすると明るさを無段階に調節できる。さらに3回目の短押しで消灯する。

明るさ調節は小→大から連続して大→小にならないので、一旦スイッチから指を離さないといけない。

スイッチとの反対面にUSB充電ポートがある。

充電を開始するとRSL01203Sとまったく同じように赤色のLEDが点灯する。充電が完了すると消灯する。
取説では電池容量が1000mAhなのでRSL01203Sよりは長寿命なのか。

発光は電球色。最大での明るさはRSL01203Sと比較して若干暗く感じる。センサー感度は似たような感じ。夏場はセンサー感度が悪くなるためもう少し様子見。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。
送信されたコメントは直ちに反映されません。管理者の承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー