金谷から大井川リバティを下って御前崎

6月2日(土)は久し振りのサイクリングに、しかも掛川に来てから初の100kmライドに行ってきました。

コースは昨年の夏に走ったルートとほぼ同じですが、100kmには至らなかったので若干ルートを変更しました。

まず、金谷には静岡富士山空港回りではなく国道473号の坂を下るルート。大井川リバティは起点まで到達。前回寄らなかった御前崎の先端まで行くことにしました。

天気は快晴。風はいつもと同じくらい。だんだん暑くなってきたので、朝7時50分頃に出発。

180602-01

国道473号の坂を下り始めてまもなくの道路脇にある展望所。ここに来るのはこれで三度目ですが、最初のときには富士山を望むことができました。

180602-02

最初と2回目は金谷から登ってくるルートでしたが、今回は初めてこの道を下ります。今まで登るのが大変だったイメージが残りすぎていて、下るのを避けていました。

180602-03

実際下ってみたら、道幅もそこそこあるし、交通量もそれほどではなく、今までの悪いイメージを少し拭えたような感じです。

写真は坂も終盤頃にある「旧東海道石畳」入口の標識です。
おととしの4月に石畳の出口側に行きましたが、丸い石の石畳なので自転車はもちろん走れないし、歩くのも難儀そうな道です。

180602-04

坂を下りきるとJR金谷駅の前に出ます。大井川鐵道の新金谷駅は、もう少し先にあります。

180602-05

新金谷駅の手前、清水橋にたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。
5月にカミさんと磐田市にポタリングしたときと同じように、川に鯉のぼりが架けられていましたが、ここの鯉のぼりはちっちゃい。

180602-06

大井川に架かる大井川橋を渡った東端。歩行者・自転車用の橋は下流側にしかない。
ちなみに大井川橋は同名の橋が7つあり、この橋は静岡県道381号島田岡部線の大井川橋。全長は1,026mと長い。

この橋から堤防道路を下流に向かい、しばらく行ったところからリバティに入ります。

180602-07

リバティを3kmちょっと進んだところにある木造の蓬莱橋。

180602-08

そして今日は、大井川橋から約15kmの距離にあるリバティの起点までやって来ました。
とくに何かあるわけではなく、ループを回って堤防道路に出て、県道31号の大平橋を渡ります。

180602-09

大平橋の上から太平洋側を見たところ。河口までは1.4kmくらい。この橋も長くて、1,000mはゆうにあります。

県道31号の歩道上には自転車通行帯が区分されています。ただし、川に架かる橋には上流側にしか歩道がなくて、南側歩道の自転車通行帯を走っていると、橋の手前で途切れてしまいます。

180602-10

どちらにしても自転車通行帯と行っても歩道なので、側道などの段差があるので、なるべく県道31号は走らなくて海岸沿いを走ります。写真は最初の海岸線にある釘ヶ浦の浜辺。

180602-11

次は静波海岸。ここに来るといつも写真を撮る定点撮影ポイントです。

180602-12

ちょっと小腹が空いてきたので、砂浜でエネルギー補給。持参した小倉羊羹を食べます。

180602-13

静波海岸も東側は比較的閑散としていましたが、中央部へ行くと駐車場はいっぱい。

180602-14

砂浜に何やら建造物を建設中。海の家でも造っているのでしょうか?その向こう側の砂浜には色とりどりのタープテントが軒を連ねていました。
写真の手前側ではライフセービングの競技会が開催されていました。

180602-15

ここも太平洋岸自転車道の定点撮影ポイント。

180602-16

そしてもう一つ、地頭方の旧駅跡でパチリ。

180602-17

午後1時前に御前崎の「海鮮なぶら市場」に到着。

180602-19

1時前なのに定番メニューは売り切れで、残っていたメニューのうち三色丼を食べました。
ただし、1000円出す価値はあまりないように思います。

180602-18

13時半過ぎに「海鮮なぶら市場」を出発。御前崎の上段へ登る坂の途中から臨んだ太平洋。

御前崎市役所付近に来た辺りで頭を締め付けられるような状態になってペースダウン。しばらくして回復したけど、ひょっとして軽い熱中症だったのかも。
その後は途中から予定していたコースを平坦路中心に切り換えて無事帰宅。目標の100kmオーバーを走りきりました。

迷走距離:104.79km Av:17.52km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー