パイナップル栽培 その36

夜間の気温が10度を下回ることがなくなってきたので、パイナップルの鉢植えを屋外に出した。

青い鉢の方は冬の間葉をグルグル巻きに縛り上げられていて、ビニール紐を解いたばかりで葉はまだバンザイ癖が付いている。

葉を広げたら中からパイナップルの赤ちゃんがこんにちは。

2019年9月に植えたクラウンの方は昨年収穫できたが、同時に植えた脇芽の方は1年遅れでやっと実が出てきた。

昨年の8月に植えた台湾パイナップルも冬の間に倍ほどのサイズに大きくなった。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。
送信されたコメントは直ちに反映されません。管理者の承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)